★★Hulu情報ショートカット★★

0.Hulu(フールー)とは?
1.Hulu加入手続き方法
2.Hulu解約手続き
3.Huluお勧めポイント
4.Huluのデメリット (当ブログ一番人気ページ)
5.配信期限について
6.配信期限スケジュール一覧(随時更新)

★★★★★★★★★★★★★★★

 HuluなどのVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスの評判について気になる方は多いと思います。私もその一人でしたし、実際に加入するまでは、自宅の遅い回線(ADSL12Mbps)で映画やドラマがまともに見られるはずはないと思っていました。しかし、いろいろな所での口コミや評判、そして実際に無料視聴可能な番組を視聴してみて思ったのは、2週間の無料期間に入る分には何の損もないから、試してみればいいだけだという事でした。

 このブログは皆さんにもHuluに対しての私なりの評価を伝えたいと思って始めたものです。物凄い勢いで作品を観ていますので、記録として配信している(していた)番組のレビューもネタバレしない範囲で書いています。そのため、レビューしている作品は現在も配信されているとは限りません。

*当ブログに書かれている内容は管理人が記事を書いた時点のものであり、記事内容が最新の情報ではない事(時期によっては正しくない事)もございます。その場合には全てにおいて、Hulu公式サイトが発信している情報が優先されます。そのため、気になった点などは加入後にある2週間の無料期間などで確認して頂ければと思います。なお、当ブログにて紹介していますVODサービス各社とのご契約をされる場合には各社のご利用規約をご自身でご確認の上、自己責任でお願いいたします。当方では一切の責任を負いません。

管理人



2015年03月10日

HuluとU-NEXTの比較

 先日のアクトビラとの比較に続き、比較第二弾です。(本ページはたまに更新しています)


 *本記事は2015年3月10日に更新しています。


 こちらもHuluと比較されるサービスです。U-NEXTにも実際に加入して使ってみましたのでその点を正直に書いてみたいと思います。

U-NEXT



 U-NEXTというのは日本最大級のビデオ・オンデマンドサービス(VODサービス)と言う事で、配信本数が110,000本以上という莫大な量の動画をこの記事を書いている段階で視聴可能です(但しカラオケタイトルも含む)。


 最新映画もレンタルと同時配信のものもあり(なんでもかんでも配信されるわけではありません)この点はHuluが見直しをかけない限りは逆さになっても勝てないでしょう。


 また、地上波テレビ番組の追っかけ配信を数多くしているため、見忘れた日本のドラマも見る事ができます(Huluも最近では日本のドラマの追っかけ配信が増えていますがU-NEXTの方が圧倒的に多いです)。


 視聴デバイスはHuluと同じでかなり多くのデバイスに対応しています。スマホでもタブレットPCでもHuluと同様に見られます。


 料金体系が基本3種類の併用となってまして、一つが定額見放題のもので、「見放題作品」のものであれば定額でいくらでも見られるという事です。こちらは現在2万本以上が対象です。


 見放題対象以外の最新映画や一部作品は一本の視聴ごとに課金され、PPV作品及びポイントOK作品という位置づけとなります。PPV作品は別途追加課金、ポイントOK作品はポイントを利用してみることになります。ポイントは初回加入時に500円分のポイント、そして、ビデオ見放題プランという月額1,990 円(税抜)のコースに入ると、毎月1,000ポイントがついてきます(ポイントは発行日から45日有効)。

 
 なお、金額は作品によって変わります。


 ポイントが必要な映像は下図のようなマーク(図の右上)がついていますので、すぐに分かります(2015年2月の時点では「ポイントOK」という表記に変わっています)。

PPV動画



 月額933円(税抜)のHuluと比べて貴方にとってどちらが良いサービスでしょうか?


 見られる作品数の違いがありますので、一概にどちらがというのは言えません。また、月にレンタルにかける予算というのも違うでしょう。


 私はもちろん、こんなブログまで書いているくらいですから、Hulu推しです。配信番組数が多くても、見られる作品数には限界があります。Huluでさえ、見るのが追いつかないくらいの量の番組数です。


 そして、最新のものはあまりありませんが、それまでの数々の名作を見るだけでも十分元が取れます。


 他でも書きましたが、Huluは最新番組にこだわらず安く海外ドラマ中心に見たい方に向いていると言えるでしょう。


 U-NEXTには流石に配信量では足元にも及びません(但し、PPV作品が多いのも事実ですので、本当に観たいものを観るなら課金額はそれに応じてあがります)。とはいえ、コストパフォーマンスはかなり高いと言えるのがHuluではないかと思います。


 いずれも同じくらいの無料期間がありますので、その間にどちらが自分に向いているかを体験してから最終的に継続する(やめる方は解約手続きを無料期間中に行なう)VODサービスを決めている方もいるようです。私にはその発想はありませんでしたが(そもそも最初はHuluしか知らなかったので)、確かにそれであれば選択はしやすいかもしれませんね。


 U-NEXTではどの作品がPPVでどれが見放題かというのは加入前でも確認できます。気になる方はまずそこを確認する事をお勧めします。


 おっと、Huluとの違いで大きな点を書き忘れていました。U-NEXTはアダルト作品も見放題プランの中に入っています(一部作品はPPV又はポイントOK作品です)。そのためアダルトも見たいなら選択の余地なくU-NEXTとなるでしょう。U-NEXTはアダルトの関してはよくシステムが出来ており、Huluでは全ての視聴履歴が自動的に残りますが、U-NEXTは初期状態で一般動画の視聴履歴は残るもののアダルト作品の視聴履歴は残らないような設定になっています。もちろん残す事もできますが、わざわざ残す方もいないでしょう^^


 U-NEXTで残念なことは、Huluであれば加入前に登録せずとも一部の「1話無料」作品は無料で視聴できるのですが、U-NEXTの場合には一部提供されている無料作品も登録をしなくては視聴できません。この辺は不便だなと思います。


 その他、U-NEXTが大きな特長として打ち出しているのが「ファミリーアカウント」です。これはひとつの契約で最大3つまでファミリーアカウントを持つことができます。それぞれに視聴履歴などを残す事ができますし、アカウントによって視聴制限をかけることもできます。成人向け作品のみファミリーアカウントでは一切視聴できません。これが追加料金なしで利用できるのは大きいです。そのため、一人ではなく複数でVODサービスを楽しむのであれば、U-NEXTのコストパフォーマンスは一気にあがるとも言えます。


 毎月2,000本以上が更新されるという更新頻度・本数もさすがの量です。


 U-NEXTの再生専用のモバイルアプリであるU-NEXTプレイヤーではダウンロードした作品を楽しむ事もできます。これは再生のみに主眼を置いたものなので様々な機能があるわけではありませんが、外出時用にいくつか作品をスマホなどにダウンロードしておき、快適に視聴できるという点ではかなり便利なものです。接続時には一瞬だけ通信をしますが、それ以外の通信は再生時にはありません。実際に使ってみましたが外で通信状態を気にせずにドラマを視聴できるのは正直なところかなり便利だと思いました。


 PC向けサイトのように利用したい場合にはU-NEXTプレイヤーではなく、「TwonkyBeam」というアプリを利用して使います。10秒戻し、30秒スキップなどの便利機能がついています。


 まとめますと、旧作メインでも良いのでとにかく安く定額で楽しみたい方ならHulu、多少お金が高くなってしまっても家族で利用したり、最新作、アダルト作品等を楽しみたいという方はU-NEXTを検討されると良いでしょう。


posted by Huluファン管理人 at 06:00| レンタル関連全般